歌魂な日

昨日はいい体験をした。

仕事の都合もあって、Zepp Tokyoへ。
ゴスペラーズさんのライヴにお邪魔させていただいた。
とても楽しかった。新曲も聴くことができた。
兄貴はくるくる廻ってた。

2階席で楽しんでたんすけど、
ファンクラブ会員の方々向けのライヴだったこともあり、
お客さんのノリは最高。
ゴスペラーズもさぞかし歌ってて気持ちよかったろうなぁ。
いいステージを観れたというのと、
ファンの方々も一緒になって作った空間は
参加してて楽しかったなぁ。

村上さんが冗談半分(?)で
「今年、”歌魂”に出演。次は映画作ってみたい。湘南海岸で出会った5人が
アカペラで旅するストーリーみたいな. . . . .」なんてことを言ってたけど、
ああ、エキストラの海坊主役でも、クラゲ役でも、、、
いっそのこと嫌われ者の越前クラゲでいいので
こっそり出演してみたい. . . なんて勝手に妄想。

いや、むしろ、私は貝になりたい!(・д・)!!チーン

ライヴを観た後、タクシーに飛び乗り、
その後、SCSのOBを中心とするアカペラ界の会合に参加。
元ゴスペラーズのメンバーの方やモモクロの方、インスピの方. . . . . なんちゅ〜メンバーだ。
集まった次の瞬間、譜面が出て来て、TAKE6を歌いだすというスゴい会だった。
参加された方は歌いたくってこの会合が待ち切れなかった感じ。ここにも歌魂あり。

何と言うか、超絶なハモリが好きなアカペラシンガーというのは、
根っこは同じなはずだけど、やっぱ、他のミュージシャンたちに比べて
何か頭の中で描かれてる音像の数学色が強い人が多い気がする。
意外に思う人もいるかもだけど、音楽と数学は分野的に親戚だ。
あ、ちなみに、KOEお祭り担当だったボクは、全然歌えっこ無いので、
ひとり聞き役に徹してた。

次に仕事があったので、1時間くらいしか同席出来ず途中で帰ったのだけど、
最初の一発目でさえ、かなりスゴいことになっていたので、
あのあとどんなハーモニーが奏でられたのか楽しみだなぁ。
誰か録音してないかなー。

むひょ〜ん(゚∇゚)ノ

関連記事

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP