web analytics
AX

Sponsored Link



Antares Auto-Tune 7 VST/AUが64bit対応。

VST版(VST3)とAU版、いわゆるNative版のAntares Auto-Tune 7が、やっと64bit対応した。
MacでもWinでもイケますね!
                                                

Sponsored Link

                                              
                                              




もともと付加の高いプラグインでは無いけど、いまや64bitが当たり前になった
巷の音楽制作環境に順応したぶん、マシンをフル稼働するようなプロジェクトに
おいて、安定性が担保されたり、効きの解像度が上がるのかな?

旧Ver.7→64bit対応Ver.7のアップデートは無料らしいから、
今作ってる曲が落ち着いたら、速攻アップデートしとこうっと。
新規で買う人は、ダウンロード販売でなく、箱入りで買う場合は、
ディーラーの在庫が64bit版か確認すると良いと思います。
(32bitオンリー版を買ったとしても、無料アップデート出来るけど、メンドクサイでしょう?)

純然たるピッチ補正には、基本的にはMelodyneを使うようになって久しいのだけれど、
Melodyneは、やっぱり、一度、音声をバッファリングしておかないといけないのが
非常に手間に感じるのは、僕だけではないのでは?

実際、僕のように、生録ものに関しては、自分のところで完パケを作るよりも、
デモを作るためにとにかく、短時間で臨機な対応が求められることの方が多い場合、
何だかんだで、リアルタイム処理をしてくれるAuto-Tuneは便利。
ちょっと、キーを上げ下げしてみた感じを聴いてみようっていう場合などには重宝する。
あと、まぁ最近自分ではほとんどやらなくなっちゃったけど、ケロ声を作る時は言わずもがな。

詳しくはこちら↓
Auto-Tune 7 Native 64bit | Antares Audio Technologies

巧く使って行きたいものです!






----


Sponsored Link

×