web analytics
AX

Sponsored Link



光の具合

昨日は、夕方から原宿〜恵比寿へ。

Sponsored Link


まず、フェイスの学生プロジェクトが展示イベントをやっていたので
そこに顔を出す。


草食系男子をデザインする、というテーマのイベント。

今年イケてなかったことを紙に書いて、ヤギにパクパクしてもらうらしい。
そして、来年の目標を宣言した年賀状を自分宛に書くと、
見ず知らずの他人が激励のメッセージを添えられたものが正月に届くらしい。



こういう発想は、学生ならでは。
荒削りだが、その思いつきの回路、大事にすべきだと思う。


その後、恵比寿に向かうため、JR原宿駅へ。
イルミネーションが綺麗だったので写真を. . . と思ったら、
歩道橋の上は人の大行列。立ち止まらないよう警備員に促されながら
カメラを取り出したら、ウホっ、求めてるのはこのレンズじゃないぞ!!
というレンズが装着されっぱなし。レンズ交換なんぞ出来るわけもなく、
仕方なしにとりあえず、人の列が突っかえたスキに撮ってみた。



んー、これは間違いなく、表参道交差点に向かう途中で
もっといい撮影スポットがあったな。
また今度、撮影のためだけに来よう。
イルミネーションでも何でも、
光の具合を上手く収めるのは結構、写真の練習になるよね。


そして、恵比寿で密やかに行われていた、
大学のアカペラサークルのOB・OGが集まっての
ボードゲームで遊ぼうの会へ。



これ、スコットランドヤードという、刑事数人で逃走する犯人を捕まえるゲーム。
先日、ずっと逃走してた犯人がようやく逮捕されたあの事件をちょっと彷彿とさせるんですが、
これはルールがとっても簡単で解りやすいのに、すげー面白い。
女の子でもすぐ出来ると思う。


ほいで、これは有名なモノポリー。
実は僕、初体験。
Cabrioletのバーカウンターでやったんだけど、
なんか、まじないの最中みたいだな。




ボードゲームって、その遊び方やゲームの仕組みは
結構単純で簡単なんだけど、やっぱり人が相手だから、面白いんだね。
相手が友達だったりして、気心知れてるからこその楽しみ方ができる。

何かボードゲームって、子供の遊び?今更遊ぶの?みたいなイメージもあるけど、
大人も充分楽しい。忘年会で家飲みをしたり、正月で籠ったりする季節だから、
そんな宴のお供にも結構いいよ。

ではでは。


むひょ~ん(゚▽゚)ノ

----


Sponsored Link

×