web analytics
AX

Sponsored Link



「astro note」がゴスペラーズ最新アルバム「STEP FOR FIVE」に収録決定。

「astro note」という曲が、11/7発売のゴスペラーズさんの
最新アルバム「STEP FOR FIVE」に収録されることになりました。
                                             

Sponsored Link

                                       
                                           

The Gospellers – 13th Album “STEP FOR FIVE



http://www.5studio.net/special/stepforfive/index.html

ゴスペラーズ NEW SINGLE「STEP!」& NEW ALBUM「STEP FOR FIVE」リリース記念 特設サイトより




ゴスペラーズのメンバーである北山陽一さんとの共作楽曲で、
今のところサントラ・劇伴系がメインの僕にとっては、初めてのJ-POP作品のCD収録です!!


すでに、北山さんソロのライブでは実演されていて、ファンの皆さんからは、
僕にすら個別に「いつCDになりますか!?」「また聴きたいです!」という声を
Twitter等で沢山頂いていておりました。

待っていて下さった皆さんには、僕なりの立場で「大変長らくお待たせいたしました!」
という気持ちをお伝えしたいとともに、僕自身もこの日を待ちわびていました。

ライブにはライブの、実演を愉しんでいただく魅力がありますが、
特定の時間と場所に限られず、「astro note」を多くの方々に聴いて頂けるのは嬉しい。

まだ、聴いたことの無い方にも、ゴスペラーズファンの皆さんにはもちろん、
出来ることならば、いろんな方に届けばよいなぁと思っています。
それがきっかけで、ゴスペラーズファンの方がまた1人でも増えるようなことがあれば、
作家としてそんなに嬉しいことはありません。


過去の投稿でも書きましたが、共作させていただく中で、北山さんにはたくさん学ばせて頂きました。
また、作詞のMIZUEさんは、絶妙な解釈のもと素敵な譜割りの言葉を頂きました。

そして、今回、アルバム収録されるにあたってお力添えを下さったのは、岸利至さん。
凄い方にアレンジして頂いちゃいました!ご自身のバンド、abingdon boys school他、
名だたるアーティストさんの作品に関わられている方ですが、ゴスペラーズさんだと
3rd Album「MO’BEAT」や4th Album「Vol.4」にクレジットされてる方ですね。


本当に心を込めて書いた曲です。
どうか、ひとりでも多くの方々の耳と心へ届きますように!




astro note – ゴスペラーズ (アルバム「STEP FOR FIVE」7曲目)


;

STEP FOR FIVE
ゴスペラーズ
KRE (2012-11-07)



※ 試聴されたい方は、iTunes Storeだと、あまり歌の部分を聴けないので、SonyMusicのサイトでチェックしてみていただくことをオススメします!


----

One thought on “「astro note」がゴスペラーズ最新アルバム「STEP FOR FIVE」に収録決定。

  1. […] 今日はソニーミュージック所属のアーティスト楽曲がiTunes Music Storeで解禁され話題になっていた。 アカペラ経験の有無関係なく幅広い層に人気のあるボーカルグループ「ゴスペラーズ」も同じくソニーミュージック所属。解禁と同日である今日、彼らの最新アルバム「STEP FOR FIVE」がリリースされたのだが、実はサークルの先輩が関わっているということで、ここで紹介したいと思う!!ゴスペラーズの曲を作るなんて、普通に考えてすごい!! その先輩とは、ミュージックコンポーザーの池田陽介さん。僕が大学時代所属していたアカペラサークル「アカペラシンガーズK.O.E.(通称、KOE)」の先輩だ。 実は、KOEがアカペラサークルとして成り立つようになったのは、当時慶応大学湘南藤沢キャンパスに通っていたゴスペラーズの北山陽一さんに支えられた部分は非常に大きい。その繋がりはサークルが発足して17年経った今も健在で、昔から北山陽一さんを中心にゴスペラーズとは不思議な縁がある。 さて、最新アルバムで池田陽介さんは北山陽一さんと「astro note」という曲を共同制作している。元々この曲は北山さんのソロライブなどで実演している曲で、CDに収録されることを多くのファンが待ちわびていたそうだ。 池田陽介さんは自身のブログで以下のようにコメントしている。 […]


Sponsored Link

×