みやじ豚

みやじ豚の宮治勇輔氏の話を聞いた。

http://www.miyajibuta.com/

メディアで見かけることも多くなった彼の
第一次産業を新たな視点でプロデュースしようとする志を
詳しく伺い、とても感銘を受けた。

音楽作品と、農作物を比較することはナンセンスかも知れないが、
「この人の作品である」ということが当然わかるからこそ、
その作品が信頼に足るものであり、質が担保されるという、
本来、モノ作りにおいては基本であるはずだろうことが、
農業の世界では当たり前では無かった、、、ということに
改めて気づかされ、驚いた。
例え、鹿児島黒豚でさえも、
米沢牛でさえも、宮崎のじとっこでさえもだ。

彼はそこに切り込んでいる。

宮治くんと実際に話すのは今回が初めてだったのだが、
実は彼とは大学の同期である。
こういう同期がいることを、誇りに思う。

関連記事

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP