レコーディング

こた~べ氏に仰せつかり、
ボーカルレコーディングのディレクションをしてきた。

スタジオは、Studio MOVE 705
代表兼エンジニアの河野利昭氏は、もともとSax Playerの方で
とても気さくな方。

きっと、プライベートスタジオを貸し出ししている感じなのだろう。
プロジェクトが要求する規模次第だが、
僕はアットホームな規模のスタジオ環境も好きで、
とてもリラックスした中で作業が進めることができた。
(ボーカリストやプレイヤーのテンションを作っていく上では
スタジオの機能だけじゃなくて、雰囲気が結構大事だと思う)

マイクプリアンプに使用してもらったGML8302、
僕は見るも使うも初体験だったのだが、ストレートながらに暖かく芯のある音で素晴らしかった。

ボーカリストの山森優子さんは、
非常にソウルフルかつ伸びやかな声の持ち主で、
レコーディングに慣れているわけではないとのことだったが
こちらのディレクションに素直な対応力があり、素晴らしい歌い手さんだった。

そんなこんなで、トラックダウンを経て、いい曲に仕上がるといいですね。

むひょ~ん(゚_゚)ノ

関連記事

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP