web analytics
AX

Sponsored Link



Instagrids呪縛からの解放

InstagramにUPする写真を、しばらく前からInstagridsを使って加工している。
いや、正確に言うと、しばらく前にInstagridsを使って加工した写真をUPしてしまったが故に、少々困ったことになっていた。

Sponsored Link


Instagridsとは、一枚の写真を3×2とか、3×3とかの複数の画像に分割して、タイル状にするアプリ。
昨日までの僕のInstagramホームを見ていただくと一目瞭然かと思う。




これの何が良いかというと、ダイナミックに引きの全体像画像も見せたいけれど、細かいディテールも見せたい、
そんな思惑を両立できること。


例えば、墨田公園の垂れ桜は、花の1つ1つにフィーチャーできるし、それらが満開に咲き誇っている様子も見てもらうことができる。
三保の松原から見た、朝焼け時の雄大な富士山の全貌とともに、東に向かって出港してゆく漁船の勇猛さも感じてもらうことができる。
野良猫の佇まいとともに、アクビをする顔の表情もアップで収めることができる。



しかし、勘のよい方はお察しの通りだ。
一度、このInstagridsをやってしまうと、困ったことが発生する。

そう、毎回3枚ずつ、ないしは3の倍数の枚数ずつ写真をUPしないと、グリッドが総崩れになるということである。

最初は、今後、3枚ずつUPすればいいくらいに思っていたけど、Instagramをやっている限り、ずっと3枚ずつUPすることを
守るなんてことは至難。つーか、気軽に写真UP出来ないぜ😱



そんなこんなで、「【昨日までの】僕のInstagramホーム」と前述した通り、
意を決して、昨日、写真を1枚UPした。
結果、僕のInstagramホームはこんなことになった。




幸いニャンコは縦列1つだけなのでズレても大丈夫だけど🙀
2〜3列使っている風景写真は大変でござる。
今後、3枚UPする毎に1回、グリッドがきっちり合う時が訪れる。
その時を楽しみにしている。


Instagrids呪縛、それは3の倍数で縛られる不自由さのことである。

そして、3の倍数縛りを解き放つ決心をした。これからは自由だ。


とは言え、今後、Instagridsを使わないことにしたわけではなく、
過去のInstagrids写真のグリッドが合うタイミングで、また別のInstagrids写真を
UPすることもあるかも知れない。
現在のInstagramの仕様上、やはり、ディテールと全体像の両方を見てもらいやすいInstagridsは重宝する。


なお、ハッシュタグ#instagrid
検索すると、もう最新投稿欄は自由すぎて、むしろ地獄のようなカオスっぷりである。


興味ある人はどうぞ。
似たようなアプリがいくつかあるみたいだけど、僕はレビューがきちんと付いているこれを選びました。

❏ Instagrids – Crop Your Photos For IG Profile View



同じやつでInstagrids Proを選ぶと、Instagridsロゴを外せるので、僕はPro版にしてます。

❏ Instagrids Pro – Crop Photos For IG Profile View



----


Sponsored Link

×