web analytics
AX

Sponsored Link



思い出と爆笑のシアターアプル

昨日、ゴスペラーズさんのライブに行ってきた。

Sponsored Link


会場の、シアターアプルって新宿コマ劇場B1にあるゴスペラーズさんお馴染みのホールは、
コマ劇とともに取り壊しになっちゃうので、今年一杯までの営業だそう。

武道館みたいな大規模ホールではなく、ステージと客席が近かったこともあって、
ほんとに、アットホーム。まさに、ゴスペラーズさんの”ホーム”に集って、
最後のシアターアプルを楽しもうって会だったなぁと思う。

そこに、僕にとってのアカペラの”ホーム”グラウンド、アカペラシンガースKOEの残像も
一緒に重なっていて、なんか、とても感慨深かった。

僕が大学に入ってKOEに入部した年の暮れ、卒業を賭けたレポートと格闘している北山さんの姿を
KOEの根城になっていたλ18というパソコンルームで何度か見かけていた。
僕が、ゲームプログラミングの課題をやっていた頃なのだけれど、
冬休みに入る前辺り、他の先輩との会話で「今、ライブ期間中で大変」というような話をしていたのを
覚えていて、それって、ここシアターアプルを含めたツアーのことだったんだろうなぁと今になって納得。

何度も聴いているナンバーなんだけど、そんな思いを巡らせながら、
生で「ひとり」を聴いていたら、鳥肌がたって、ちょっと目頭が熱くなってしまった。
「ひとり」は、僕が卒業したあとに発表された曲だけど、今のKOEの現役の子たちは
みんな大好きみたいで、よく歌って聴かせてくれるもんなぁぁ。

しかし、そんな勝手に感動しながらも、MCに劇を交えた3時間に及ぶライブはめちゃくちゃ楽しかった。
終盤は、酒井さんを筆頭に、「劇」というより「寸劇」と表したほうが雰囲気が伝わりそうな
劇場っぷりに、ゲッラゲラ笑いまくった。


後で楽屋に挨拶しに行ったら、
あんなに酒井さんが爆裂するとは、他のメンバーの方は全くの想定外だったようで、
「何で、どっから、脱線しちゃったのかなぁぁ」と、ご本人も首を傾げてました。

酒井さんに、実は僕、明日もライブ観させていただくんですよと伝えたら、
「今日みたいにはしないよぅ」っておっしゃってましたが、密かに期待してます。


ほんとに最後のシアターアプル、楽しんできます。


最後に、ロビー花でちょっと感動。
関根さん親子、素敵だなぁと思いつつ、


やっぱ、関根勉さんのセンス、ハンパ無いわ。

----

コメントを残す


Sponsored Link

×