web analytics
AX

Sponsored Link



今治のご当地グルメ「焼き鳥」を世渡でいただく。






今治のB級グルメ「焼豚玉子飯」も美味いですが、今治といえば、やっぱり「焼き鳥」なのであります。
今治焼き鳥の名店、世渡でいただきました。



Sponsored Link





今治の産業は、タオル、造船とともに、養鶏もさかん。

その結果、昔から焼き鳥店が多く、今治のご当地グルメと言えば焼き鳥。
瀬戸内海沿岸の街だけど、魚介以上に焼き鳥。

そして、今治焼き鳥の特徴は何と言っても、鉄板焼きであるという点。
もちろん、一般的な串焼きもあるけれども、皮焼を中心に、多くの焼き鳥店が
鉄板で焼いて皿に盛って供するスタイルをとっている。

焼き鳥のタレは、甘みが強め。
きっとこの甘ダレを流用して、焼豚玉子飯に使ったのかもしれないなぁと考えると、
焼豚玉子飯のB級グルメっぷりに納得する。

今回、焼き鳥を食したのは、今治の焼き鳥人気店のひとつ、世渡(せと)。
美味い鳥づくしのコースメニューをいただきました。


皮焼(鳥皮)

皮焼



鳥ネギ(ネギマ)&砂ズリ(砂肝)

鳥ネギ(ネギマ)&砂ズリ(砂肝)



セセリ(セセリポン酢)

セセリ(セセリポン酢)



手羽先

手羽先



センザンキ

センザンキ



ピーマン焼(ピーマンの肉詰)

ピーマン焼(ピーマンの肉詰)



焼ニギリ

焼ニギリ




今治の鉄板焼き鳥のルーツは、1960年に創業したとある焼き鳥屋にあり、
「今治の土地柄として、注文したものがすぐに出てこないと文句を言われるので、
沢山の注文をさばくために、鉄板焼きスタイルにした」ということらしい。
大阪ミナミで、レンコンを鉄板で焼いているのを見た店主が「これだ!」と閃いたらしい。


今治の人はせっかちなのかな?(笑)
それとも、思ったことを遠慮せずズバズバ言う気持ち良い性格なのかな?(笑)
さすが、村上水軍の土地柄と言っていいのかな?(笑)
いずれにせよ、土地柄、住民の気質が特徴ある料理、ご当地グルメを生むというのは
とても面白いな。


地域への理解を深めるためにご当地グルメを頂き、調べて、考察する。
食いしん坊としては、やめられないね(笑)


◇◇◇◇ 今治焼き鳥 世渡 ◇◇◇◇
住所 愛媛県今治市黄金町1-5-20
営業時間 17:00~22:00(L.O 21:30)
定休日 毎週月曜日
電話番号 0898-31-1614
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




----


Sponsored Link

×