チャリだからこそ広がる想像の光景

昨日アレーを駆って仕事に行き、
仕事も終わり、夜が明けて帰って来る途中に地元の中央図書館に行った。
目的は、古地図の検索である。
前から行こうと思ってたんだが、図書館前をたまたま通って思い出したのだ。

東京23区内には、電車ならもちろん、車やオートバイでさえも、
ほとんど気にすることのないだろう様々な起伏が無数に存在する。

実際、僕が住んでいる場所も23区内だが、仕事や買い物などで、23区内を移動すると、
本当に、山を越え、谷を越え、という忍者ハットリくんの世界である。
以前、車で移動することが多かった頃の僕には、登り坂ですね、下り坂ですね. . .
くらいにしか思えてなかったのが懐かしい。

“チャリだからこそ”と言い切るのは、
徒歩ではほぼ気づかない微妙な傾斜も、自転車だとありありと伝わってくるから。
そして、徒歩では到底不可能な距離を、ロードバイクなどのスポーツバイクは、
安全に気をつければ、なかなかスムーズに移動できるがゆえに、
把握できるフィールド、感じれる雰囲気が段違いの差で広範囲。
すなわち、徒歩と自転車では、スケール感が違うのだ。

そういった中で、まず、地名に含まれた地形を表す、
谷や丘、山、淵、窪などと言った漢字にとても敏感になる。

山を越え、谷を越えという運動エネルギーは、全て自分の身体から生み出す必要があるから、
地名にその情報が含まれていることは、走行ルートを選ぶ上でとても重要なポイント。

話はちょっとズレるけど、エネルギーマネジメントは自転車を乗る上での一つの楽しみだ。
メッセンジャーの人みたいな上級者バイカーが一緒の道を走っているときに、
その様子をチェックしてるといろいろ勉強になることも多い。
さらには、巷で効果があると言われているダイエット方法の大半が、
(試したこと無いので)効果無しとは言わないが、
どれだけ邪道かが、まさに身をもってよ~~くわかる。

地名に話を戻すと、そういった土地の名前はほとんどが明治や江戸、
さらにはもっと昔から名づけられていたものだろうと思う。
都市開発の結果、地形のギャップ、土地の高低差が拡大していることはまず無くて、
ほとんどが、山を崩して平坦に、谷や盆地は埋めてという風にギャップを狭めているはず。

大規模な開発が行われておらず、数値的な地形差はほとんど変わっていない場所も多いだろうけど、
少なくとも、舗装道路を整備している時点で、体感できる地形差は平坦な方向に変化しているはずだ。

そこで興味を持ったのが、古地図。
僕がいつもロードバイクで疾走している場所は、昔どんな場所だったんだろう!?
もはや、東京なんて、昔の地形の面影なんぞ、ほっとんとわからないから、
それを古い文献で調べたかったというわけ。
現在はビルが、マンションが、住宅が. . . 密集している場所、
そこが昔どんなだったかに興味津々だったのじゃ。

図書館で地図を広げてみると、田、畑、沼、さらには、草! 葦!. . . . .
漢字がたくさん書き込まれている。何も書き込まれていないところは、森林だったり、
野原だったりした可能性が高いのだろう。

等高線は無くても、昔は区画整理なんてしていないから、
地形そのものに従って、土地を利用しているはずなので、何となくの高低差も見えてくる。

こちらの地図には、等高線らしきものがある。

代々木(代々木八幡)周辺の比較的高低差のある場所と、千駄ヶ谷周辺のまさに谷になっている場所の差。
バイクで走っていて体感できる地形、そのものだ。地図記号を参照してみると、
代々木辺りは森林、千駄ヶ谷付近は、竹林や草地が多かったみたいなのかな。

そして、これらのイメージを持って、街中を走る。
高層ビルが建っていようが、広大な施設が設けられていようが、古の風景のイメージが見えてくる。

江戸時代よりもっと前なら、そこは、もはや七人の侍の世界かも知れない。
野山があって、田畑を作れそうな場所に農家が点在する。野武士も出て来そうだ(笑)

そんな場所が、大都市東京なんだな。

この投稿を書き上げて、ふと「ぼんやり学会」を覗いてみたら、自転車の記事が今日アップされてるじゃん!

昨日の晩、打合せ先からスタジオに移動するのに、兄貴とチャリでぷちツーリングしたばっか(笑)
お互いバイカーなので、外で待ち合わせる時はだいたい
「チャリで来るでしょ?」「ちょりっス、もちろんでやんす!」的なノリ。
アレーを買う前に乗らせてもらったことがあるのだが、兄貴のチネリはかなりいい。
やっぱ、イタリアンバイクっていいなぁぁ思ったのはその時。
アレーに出会わなかったら、今頃イタリアンバイクに乗っていただろう。

にしても、「僕はどうして自転車に乗るのか?」で、さすが兄貴いいこと言ってるなぁ。

「自転車に乗っていると、選んでない情報に当たる」。
うん、なるほどとてもいい表現。その通りだと思う。

そして、
「それをやる理由、やらない理由をハッキリさせること」、大事だね。

自転車のことで言えば、スポーツバイク、最近流行ってて、
バイクの話をこのブログでも書いているから、周りから「ロードバイク乗りたい」みたいな話を
しばしば聞くんだけど、バイクに興味がある人は、それをやりたい理由とかポリシーを
ちゃんと持った方がいいと思うし、その方が後悔しないと思う。
兄貴も書いてる通り、バイクに乗るのを止める理由なんてたくさんあるし、
そもそも、電車や車を使えば済んでしまうものなのに、そこを敢えてやるのは何で?っと。

そういう意味での、ある種のストイックさって、
実は何かを心から楽しむ上ではすごく大切だと思う。

だから、スポーツバイク、特にロードバイクは
ママチャリのような普通の自転車とは、似て非なる乗り物なので、
僕は相談されると「ロードバイクは楽しいし、いいよ!」って話はするんだけど、
中途半端に始めて自転車が嫌いになっちゃったら、
そんなに残念なことはないので、そこの点は気をつけるようにしてます。

家に帰ってきた僕は、アレーに乗り始めて1ヶ月経つので、
いつもよりちょっと念入りに乾拭きお手入れをして、
オイル塗装部に付着した細かいゴミを掻き出してやった。
もうちょっとしたら、バイク屋のおっちゃんの所に行って、メンテしてもらおう。

関連記事

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP