web analytics
AX

Sponsored Link



日本海の味

行けるところまで行ってみようの旅の終着地は、
若狭湾に面した漁港の町、舞鶴でした。

Sponsored Link





旅と言えば、味覚でも楽しまなきゃね!

ということで、何軒かホテルを巡ってやっとこ寝床を確保した後、
すっかり陽が暮れた町に繰り出す。
全国的に春めいて、昼間は暖かかったのに、
夜になった途端、超寒い。


町をちょっぴり散歩しながら雰囲気を感じつつ、
海の幸を味わいたくて、炉端焼きのお店に入りました。




店員さんが、物腰柔らかいのにとても快活で、
そして、大将が何よりチャキチャキ。
おっと、江戸の人に対してじゃないと、チャキチャキって言わないか。
まぁ、言いたいことはわかってもらえるかな、
とても感じがよいお店でした。


鯖のへしこ。刺身でいただきました。
へしこってのは、魚のぬか漬けのことらしい。
ザ日本海、北陸の味って感じ。日本酒が進みます。
そのままだと塩辛いけど、僕は好きですね。
お茶漬けとかにすると、かなりいいかも。



はたはたの炉端焼。
これも言わずと知れた、日本海の味覚だね。

この時点で、頼んでいるものが渋すぎることに気づきますが、
まっ、いいじゃないか、ということで。



蛸の炉端焼。
基本は焼いて、塩を付けていただくみたいだけど、
「水揚げされたばかりで新鮮なヤツだから、
そのまんま、醤油で刺身でも食べてみてよ!」と大将にすすめられ、
刺身で塩、醤油、焼きで塩、醤油と、合計4パターンいただきました。



日本酒は熱燗ですヨ。ああ、イイ気持ち。



厚揚げ。大将からのサービスです。


料理の写真を撮っていたら、大将が
「おっ、ブログに載せてくれんの!?」
って嬉しそうに言うから、
電話番号と地図付きで載せちゃうぞ。


炉端焼 まる

TEL: 0773-62-5050


大きな地図で見る




魚も美味しかったし、お酒が進み、気持ちよく酔っ払いました。

あと、一人で入ったからカウンター席だったんだけど、
少し高めの座席に、足元にもふもふの座布団が敷かれているんです。
これ、何気に足裏が気持ちよくて、旅の疲れが癒えました。

ご馳走様でした。


店を出て、ホテルに帰る途中の港で。





星が流れてるように見えているのは、何てことない、
補正の効かない、酔っぱらいの手ぶれ機能です。




夜が明けて、霧で若狭湾が見えない中、町を後にしました。
また舞鶴に来たときは、大将の店に寄ろう。




----


Sponsored Link

×