うどん鍋

見舞いの結果、笑顔を見れてよかった。
ギブスは大変なことになっていたが、元気だったのが何よりだ。

お見舞いの品として、へんちくりんな冒険絵本を持っていった。
今はまだ字はわからないだろうが、
もう数年したら、おちびちゃんの遊び道具になっているといいなと思っている。

東京は縦断系道路より、横断系道路のほうが圧倒的に走りやすいと思う。
打合せと打合せの谷間でのお見舞い訪問。
東京を東西に往復したが、復路は安堵ゆえの活力が沸き、
軽くダンシングを断続的にキープしながら、快調に走ることができた。

今日は、風の冷たい中、よく走った。
トリップメーターをリセットし忘れてたが、恐らく60kmちかく走った。
しかし、ロードバイクというのは、凄い乗り物だ。
60kmごときでは、僕程度のライダーでさえあまり疲れない。
全身の大きな筋肉を分散協調的に総動員して走らせる感覚は愉しく、とても気持ちが良い。

夜は、寒い夜にもってこいのうどん鍋。
この鍋、主役はうどんである。うどん、最後の〆には変わりないが、脇役ではない。メインだ。

しかし、肝心なうどんの写真を撮り忘れる。

むひょ~ん(´д`)ノ

関連記事

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP