泣ける映画

一年前に公開されるも、リアルタイムで映画館に観にいけず、
何だかんだで、ようやく観ました。

「北斗の拳」、「ルパン三世」. . . と、昨今のアニメ実写化ブーム(?)以前に
作られた映画を、過去、スパイシーな切り口から紹介してきたけど、
今回は、「魁!!男塾」じゃ。
(男塾で泣くな!と思うなかれw)

「富樫源次:照英」というキャストを見ただけで、これは観なければと思っていた。
キャスティングが極めて絶妙すぎる。

実際、観てみたが、
ともすると批判的な意見も多いアニメの実写化作品もある中で、
アニメの非現実的演出を再現するために変に映像技術的クオリティを求めたりせず、
ストーリー性やキャラクターを大切にしていて、いい作品だと思った。
「魁!!男塾」の原作漫画やアニメを見たことが無い人も多いと思うけれど、
そういう人が予備知識無しで観ても、結構、楽しめるんじゃないかなぁ。

欲を言えば、主人公、剣桃太郎役の坂口拓さんの、
もっとガチな殺陣を観れたらよかったなぁぁ。

しかし、やばい。
不覚にも、何より、照英さん扮する、富樫源次の”不器用な男の精一杯”に、
男の泥臭い友情と、男の誰しもがどこかで思ってる強くなりたいという願望、
そういう、無駄な熱さともいうべき美学に、思わず涙を流しちまった(苦笑)

むひょ~ん(;д;)ノ

関連記事

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP